愛し愛されるIMSを目指して

教育目的と方針

IMSグループ看護部教育方針

  1. 顧客の視点を重視した安心・安全な医療・看護サービスを実現できる人材を育成する

  2. 「専門職の自己研鑽は自己責任」とする自立した看護職を育成する

  3. 組織人として役割認識の高い、IMS管理職を育成する

現任教育の目的

  1. 社会人として自立した人材の育成

  2. 看護職として自己研鑽ができ、組織に貢献できる人材の育成

  3. 専門職業人として社会ニーズの変化に対応できる人材の育成

IMSグループ看護部生涯教育体制

IMSグループ看護部の現任教育は@各フロア教育、A各施設内教育、B各ブロック別教育、CIMSグループ本部看護部教育、D外部教育の5本立てで構成され、各病院・施設内のみの教育にとどまらず、本部や施設間で協力し合い多彩な学習ニーズに対応しています。
また、H21年度より厚生労働省認可の実習指導者講習会を開催し、指導者の育成にも力を入れています。更にH23年度からは厚生労働省より公表された「新人看護職員研修ガイドライン」に対応した教育体制「アイナースプログラム」を整備し、新人看護職員教育体制を強化しました。



アイ・ラブ・ナースとは

アイ・ラブ・ナースとは

アイ・ラブ・ナース・プログラム

アイ・ラブ・ナース・プログラム
看護部紹介MOVIE IMSグループ看護部ガイド IMSグループについて イムス総合サービスセンター
 
Copyright ® 2007 IMS. All Rights Reserved.
それぞれの施設・病院が行う「院内研修」本部看護部主催による「IMS本部看護部合同研修」	グループ組織の地域別ブロック(7ブロック)で実施する「ブロック研修」 看護協会・大学・出版社等外部が主催する研修=本部外部研修・各施設院外研修の5本立てで構成され、多彩な学習の機会を提供しています。 看護協会・大学・出版社等外部が主催する研修=本部外部研修・各施設院外研修の5本立てで構成され、多彩な学習の機会を提供しています。