プリセプターより

B-3病棟 大戸 美咲

この病院に来て1年目の秋に、次年度プリセプターをと言われ、不安もありましたが、任されたからには一生懸命やろうと思っていました。また、一緒にプリセプターをする仲間、支えてくれるスタッフがいたので、不安も解消されました。
プリセプターを始める前に立てた目標は、プリセプティの気持ちに耳を傾け、支えられる存在になれるよう努力すること、プリセプティと一緒に疾患・技術・看護を学んでいき、わからないことは一緒に調べて成長していく事、プリセプティが早く病棟に馴染めるように配慮していく事、患者様の所へたくさん足を運び、看護の楽しさを感じてもらいたい、そして気づきが出来る看護師になってもらえるよう関わっていく事でした。
 加藤さんは、おっとりしていてちょっと不器用ですが(笑)、芯が強く、患者さんへの接し方は優しく、勉強も頑張り、一人前の看護師になれるよう一生懸命努力しています。もちろん、つまずくこともありますが、そんな時には2人で振り返り、困っていることを解決できるようにまた取り組んでいきます。弱音を見せてくれるのも、プリセプターとしては嬉しいです。加藤さん、入職時に比べてずいぶん成長したね!!これからも一緒に頑張っていきましょう。

プリセプティより

B-3病棟 加藤 菜菜

4月に入職して、約半年が過ぎました。入職してからは緊張の連続で、覚えることもたくさんあり大変でしたが、プリセプターさんをはじめ、先輩方皆さんに温かく指導して頂き、楽しく仕事が出来ています。緊張でいっぱいだった配属時も、優しく迎えて頂きほっとしたのを覚えています。
 この病院の新人教育は、配属前に各階をローテーションしたり、イムスグループの他病院との看護技術の研修などもあり、とても良い環境で知識向上が図れます。また、月に一度同期と交流できるメルティという場があり、同期と仕事のことで話したり、相談したりできるほっと一息つく機会を設けてくれます。そして、自分に1人プリセプターさんがつき、日々の業務を丁寧に教えてくださいます。業務のことはもちろん、悩み事を聞いてアドバイスを頂いたりもします。忙しい中、本当に一つ一つ丁寧に教えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです!
 看護師になり、辛いことに直面することもありますが、患者さんの「ありがとう。」の一言は、私のやりがいに繋がっています。

中途採用ナースより

B-3病棟 永島 里実 

私がこの病院を選んだ理由は、通勤可能な範囲であったこと、新しくきれいな総合病院であったことでした。また、結婚・出産を経ても長く続けられる職場を希望していた為、24時間保育ができ、ママさんNSも多く働いていることに魅力を感じました。
 病棟の先輩方が丁寧に教えてくださり、今まで外科系の経験しかなかったのですが、全く未経験でも希望した循環器病棟へ配属してもらえました。未経験の循環器への転職で不安も大きかったのですが、一つ一つ教えてもらい、慣れることができました。病棟にもマニュアルや手順書、参考書があり、医師も勉強に協力的で日々、学びが多いです。
 今までいた病院が古い病院だったので、廊下が広くきれいな病院だと感じました。
 夜勤は、子供ができるまでは5~6回/月、子供が生まれてからは上司に相談し、2回/月行っています。家庭のことを含めた相談をできる上司がいて、働きやすいです。子供の体調不良にも、周りのメンバーの理解があり、とてもありがたいです。中途のスタッフも多い病棟であり、完全な同期はいないものの、未経験スタッフもウェルカムな環境にあります。子育てと仕事を両立している先輩も多く、自分の今後をイメージしつつ働けると思います。
 休みの希望は、他のスタッフとの兼ね合いもありますが、だいたい通してもらえます。                           

ママさんナースより

A-5階病棟 菊地 典子

約7年前、長女出産後の育児休暇明けより転勤し、日勤常勤として働いています。院内保育がある事も、転勤場所を選択する条件の1つでしたが、現在は小児科が開設され、お預り入院もできる為、利用させてもらい非常に助かりました。今後病児保育が行われる予定で、今以上に安心して仕事に打ち込めるようになると思います。
 保育室は、近隣の公園を利用し、室内だけでなく自然に触れる機会を作ってくれています。長女・長男も以前利用しており、現在次女も週末のみ利用していますが、利用時は楽しみにしているようで、元気に登室しています。
 まれに残務が発生してしまう事もありますが、一般の保育施設と違い、勤務が終了しお迎えに行くまで保育をしてくれるので、最後まで責任を持って仕事ができます。病棟内に限らず、保育室を通して他病棟のママさんNSと交流が持てるのも魅力の一つだと思います。
 転勤後2度の産休・育休を経て現在に至りますが、毎回「おかえり」と快く迎えてもらい、復帰に対する不安は全くありませんでした。勤務のことはもちろん、子育てについての相談も先輩ママさんに聞ける、アットホームな病院だと思います。子育てをしながらの仕事なんて大変…と思っていましたが、スタッフはもちろん、病院も全面的にバックアップしてくれるので、育児も仕事も精一杯頑張っています。ママさんNSの方もこれからママさんNSになる方も、当院でパワフルに働いてみませんか?                                 

認定看護師より

冨沢 京子

私は、感染の認定看護師を取得しました。なぜ、感染の認定看護師をとろうと思ったかというと、感染対策に興味があり、より深く学び、知識を得たいと思ったためです。認定を取得するのに大変だったことは、毎日、課題・レポート・勉強に追われていたことです。現在は、毎日院内をラウンドして環境であったり、耐性菌検出患者様の対策を確認したり、医療器具使用による感染を調べたり、スタッフへ勉強会を開くなどして、院内全体の感染管理を行っています。
 認定の学校での毎日の勉強や課題はとても大変でしたが、自分の興味があることを専門的に学ぶことはとても楽しく、また同じ志をもった仲間との学生生活はかけがえのない時間となりました。認定の学校の卒業式では、来賓の方から、「求めなければ、目指さなければ、手に入りません!」という御言葉を頂きました。この言葉のように1歩を踏み出す勇気があれば、認定取得も夢では終わらないと思いますので、ぜひ挑戦してもらえればと思います。                                  

男性看護師より

HCU 高橋 好彦

現在、男性ナース10名おり、私はHCUの師長をしています。HCUは、重症患者様の管理を行うため、点滴やチューブ類も多く大変ですが、HCUから一般病床へ転出するときは、夜勤業務の辛さを忘れさせてくれるくらい、嬉しいです。看護師は常に自己学習、自己研鑽しなければならないと思います。医療の高度化、専門化が進む中で、看護だけでなく、医学的判断も求められます。私が所属するHCUは、新棟開設時にはICUとなる病棟で、患者を細胞レベルまでアセスメントし、看護に活かす部署です。自分が学んだことを患者様に看護として提供でき、それが回復へと繋がるので、非常にやりがいを感じると思います。時に、疲れることもありますが、そんな時のストレス発散方法は、家族と出かけることです。男性看護師の皆様、一緒に働きましょう。                             

ページトップへ戻る