看護・介護が好き 施設が好き IMSが好き

IMSグループ看護局

  • 施設見学インターンシップ
  • お問い合わせ資料請求
  • 求人情報

IMSグループ看護局TOP > 介護職の方へ > 夢プラン

介護職の方へ

夢プラン

入居者さまの「〇〇がしたい」を叶えます。

夢プランとは、入居者のみなさまの自己実現(自分らしさ)、今やりたいこと「〇〇がしたい」を叶えるための個別援助計画です。
生きがいを失わず、チャレンジ目標や役割をもって、いきいきと生活していただくことを目標に、ご家族さまとスタッフが一緒に取り組む活動です。

実施レポート
孫の結婚式に参加したい!

実施施設:特別養護老人ホーム おさなぎ

当施設に入居なさっている武田コウ様。いつも上品でおしとやか、職員にも毎日笑顔を届けてくださるやさしい方でいらっしゃいます。平成29年7月に長男様が面会にいらっしゃった際に、「来月の26日に息子の結婚式があるのだが、母も参列できればよかったな…」と一言。コウ様にも聞いてみると「行ってみたい」との返答があり、職員より「ぜひ参列させていただきたい。私達が同行いたしますので介助も心配ありません」と長男様へご提案させていただきました。長男様はもちろん、ご結婚される孫様ご夫妻にも大変喜んで受け入れていただきました。コウ様は何日も前から楽しみにされており、体調を整えておられ今か今かと待ち遠しく感じていらっしゃる様子がうかがえました。当日、素敵な洋服に身を包み、何年かぶりの口紅を塗ってドキドキしながら式場へ向かいます。同行する職員2名も正装に着替え、いざ出発!式場では家族紹介・チャペルでの挙式・記念撮影に職員も含めて参加させていただきました。コウ様は少し緊張されていましたが、親族の皆様に声を掛けて頂き、大きな笑顔が見られていました。帰りの車の中で「本当に良かった~♪」と大変満足された様子でした。

靖国神社に眠るお父さんに会いたい
~帰りにうなぎが食べたい~

実施施設:介護老人保健施設 葛飾ロイヤルケアセンター

職員との会話の中で「靖国神社に主人が眠っているから、30年ぶりに会いに行きたいな。そして、お昼は美味しいうなぎ屋さんでうなぎが食べたいな。」とおっしゃったことから、夢プランとして実現できないか他職種と相談を行った。まずはこの話を実現するために話を進めて良いかご家族の了承を得た。ご家族も一緒に行くか検討され、残念ながら行くことは出来なかったが、外出用の衣類やバック、ご祈祷料の準備などご家族協力があった。本人の現状と外出先での状況に合わせた対応が出来るよう、準備をすすめ6月23日快晴の日に実現することができた。靖国神社のご祈祷の受付も職員に聞きながらご自身で記入し、ご祈祷料を納める。本殿にて玉串を捧げご祈祷を受けると、堪えきれず涙を流される姿に見守る職員の眼にも涙。昼食のうなぎ屋さんではお店の方から「おばあちゃんは1枚で良いんじゃない?」の言葉もあったが2枚乗ったうな重を完食。同行の職員にも何度も何度も「ありがとう。ありがとう。」と言いながらイキイキとした表情で過ごされ、迎えの車が来るのを待つ間にソフトクリームも食べ大満足。後日、アルバムを作成しご家族にプレゼントすると、とても喜ばれた。

自宅に帰って、家業のお手伝いがしたい!
お昼はうなぎを食べたい!

実施施設:介護老人保健施設 丸森ロイヤルケアセンター

平成26年3月に家族介護負担軽減をきっかけに入所の運びとなった方でした。 当初は、歩行もできて元気ではありましたが、徐々に持病による部分と認知症により 体調が不安定になり、27年度からは入院退所と施設入所を何度かされている方でした。 認知症の影響なのか、昼夜逆転している時もありました。しかし、持病への対応と本人の体調が安定している状況だったため、以前から本人が口にされていた「前は家業の手伝いをしていた」、「家に帰って家業の車屋を手伝いたい、息子の手助けがしたい」との思いを叶えるチャンスと思いご家族と相談し夢プランの実施に至りました。
ご家族様にはご自宅で待機していただき、スタッフとご本人とご自宅訪問をさせていただきました。 いつもだと俯きがちではあったK様は満面の笑みでお参りや車の清掃を行ったりと、表情も活気も普段とは違う姿がみることができました。
ご家族とも記念写真を撮ってとてもうれしそうでした。
ウナギはお店の都合もあり準備していた物を帰所後に召し上がっていただきましたが、とてもおいしいと喜ばれていました。

花は咲くを歌ってNHKに出演しよう!

実施施設:介護老人保健施設 我孫子ロイヤルケアセンター

歌が好きな方が多い当施設では、今年3月よりデイケア利用者様・入所者様で合唱を行う『音楽クラブ』を設立。クラブの目的は音楽活動を通じて、生きがい、楽しみを持つこととしました。そこで、一つの目標として、東日本大震災復興支援ソングの花は咲くを練習し、NHKへのビデオ投稿に挑戦しました。
練習を開始すると、意気込みは十分なのですが「難しい」の声。練習したいとの声からクラブ以外の日もCDを聴き一生懸命覚えました。6月の収録当日は、どことなく緊張した雰囲気でしたが、歌うごとに緊張もほぐれ、いつもの歌声が響き渡りました。
採用されるかなと待つこと2ヶ月…ある日、連絡が入り8月26日と29日(各1分間)の2度、TV放送が決定。皆大喜びで、メンバーからはご家族や親戚の方に連絡したと嬉しそうに話す声も聞かれました。放送後は反響も大きく、メンバー以外の方からも放送を観て嬉しかったとの声や、ご家族からは父に楽しみが見つかって良かったとのお話をいただきました。メンバーの参加意欲も高まり、また何かをしたいとの声から、現在はコンサートを目標に歌っています。