看護・介護が好き 施設が好き IMSが好き

IMSグループ看護局

  • 施設見学インターンシップ
  • お問い合わせ資料請求
  • 求人情報

IMSグループ看護局TOP > 奨学金制度(アイラブナースプログラム)

奨学金制度(アイラブナースプログラム)

アイナースプログラムとは?

大きくなったら看護師になりた!アイラブナースプログラムが看護師の夢を応援します。

子どもの頃、病院で活躍する看護師の姿を目にして、将来は、自分も白衣を着てみたいとあこがれた人も多いでしょう。

「看護師になるには、どんな学校に行けばいいの?」
「学費はいくらかかるの?」
「就職活動って、どうすればいいの?」

夢を実現するためには、知っておくべきことがたくさんあります。 私たちIMS グループは、「看護師になりたい!」というあなたの尊い志を「アイラブナースプログラム」というカタチで応援しています。

看護師資格を取得する方法や学校についての説明会、1日看護師体験プログラムなどのイベントの開催。さらに、あなたが安心して勉強に励めるよう、看護学校にかかる学費を奨学金として貸与したり、進学するための様々なアドバイスなど、あらゆる方面からバックアップします。

看護師を目指している方、また看護師に少しでも興味がある方は、私たちIMSグループに、お気軽にご相談ください。

アイラブナースプログラム 詳しくは電子ブックをご覧ください。 電子ブックを読む

看護師になるには?

あこがれの看護師を目指すには、下記のとおりさまざまな方法があります。進路指導の先生や保護者の方ともよく相談して、あなた自身の進路を決めてください。 IMSグループではそれぞれのコースごとに最適なバックアップ体制をご用意しています。

看護師になるには?

看護師と准看護師について

看護師

「看護師」は厚生労働大臣から交付される国家資格で、あらかじめ看護専門学校や短大・大学の看護学部などを卒業しておく必要があります。ただし、准看護師の資格を持っている人が再び看護専門学校で勉強して看護師になることもできます。

准看護師

中学校や高等学校を卒業後、准看護師養成所に2年間以上通うことで、「准看護師資格試験」を受験できます。この資格は都道府県知事から交付される免許です。

各コースのご案内

「アイラブナースプログラム」とは、IMSグループが看護師になりたい学生のみなさんを応援する総合育成制度です。
就学のための学費や生活資金を、奨学金というかたちでバックアップします。また、進学のための様々なご相談に応じたり、アドバイスいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

対象者

●看護師養成施設に入学予定または在学中の学生
●人物、学業、健康ともに良好である者
●卒業後にIMSグループの医療施設への入職を希望する者

養成施設区分 貸与額 貸与期間 返済履行期間
看護大学 50,000円 / 月 4年 4年 就学年限と同期間勤務した時、全額返済を免除
看護短期大学 3年 3年
専門学校 3年課程 3年 3年
2年課程 2年 2年
高等学校衛生看護科 5年 5年

Aコース

看護専門学校や短大・大学、5年一貫の高等学校(看護科・看護専攻科)に進学される方には月額5万円の奨学金を貸与します。将来IMSグループに一定期間勤務することにより、この奨学金の返済は免除されます。詳しくは『Q&A』をご覧ください。

短大または大学に進学し、看護師資格取得!

高校卒業後、看護短期大学(3年)、または看護大学(4年)に通い、卒業することで「看護師」の受験資格を得て国家試験に臨みます。また助産師や保健師の資格も取得可能です。

  • 高校卒業
  • 大学入学
    短期大学入学
  • 3年後または
    4年後
  • 大学卒業
    短期大学卒業
  • 看護師国家試験
    受験資格取得
  • 合格後
  • 看護師資格取得

Bコース

看護専門学校や短大・大学、5年一貫の高等学校(看護科・看護専攻科)に進学される方には月額5万円の奨学金を貸与します。将来IMSグループに一定期間勤務することにより、この奨学金の返済は免除されます。詳しくは『Q&A』をご覧ください。

看護専門学校で3年間勉強し看護師資格取得!

高校卒業後、看護専門学校に3年間通い、卒業することで「看護師」の受験資格を得て国家試験に臨みます。毎日学校があるので、働きながら進学することはできません。

  • 高校卒業
  • 看護専門学校
    入学
  • 3年後
  • 看護専門学校
    卒業
  • 看護師国家試験
    受験資格取得
  • 合格後
  • 看護師資格取得

Cコース

看護専門学校や短大・大学、5年一貫の高等学校(看護科・看護専攻科)に進学される方には月額5万円の奨学金を貸与します。将来IMSグループに一定期間勤務することにより、この奨学金の返済は免除されます。詳しくは『Q&A』をご覧ください。

高校の看護に関する学科に入学し、5年間の一環教育により看護師資格取得!

高校の看護に関する学科に入学、引き続き専攻科に進学し5年間の一貫したカリキュラムを学びます。卒業することで「看護師」の受験資格を得て国家試験に臨みます。毎日学校があるので、働きながら進学することはできません。

  • 高校看護科入学
    (5年一貫)
  • 5年後
  • 高校看護専攻科
    卒業
  • 看護師国家試験
    受験資格取得
  • 合格後
  • 看護師資格取得

D1コース

高校を卒業し、准看護師養成所に進学される方には、就学のための学費や、教材費などを奨学金として貸与いたします。また、希望すればIMSグループ内の施設で、午前中勤務することも可能です。その際には一定の単価で報酬が支払われます。詳しくは『Q&A』をご覧ください。

准看護師養成所で2年間勉強し、准看護師資格取得!

高校卒業後、2年間准看護師養成所に通い、卒業することで「准看護師の」の受験資格を得て都道府県知事試験に臨みます。働きながら、通学することも可能です。

  • 高校卒業
  • 准看護師養成所
    入学
  • 2年後
  • 准看護師養成所
    卒業
  • 准看護師試験
    受験資格取得
  • 合格後
  • 准看護師資格
    取得

D2コース

いったんD1コースを利用して「准看護師」の資格を取られた方は、そのまま准看護師として勤務するか、さらに高等看護学校に進学して看護師の資格を目指すかを選択できます。通常『進学コース』と呼ばれているこのコースでは、看護専門学校に2年間通学する方に、月額5万円の奨学金をご用意しています。将来 IMSグループに一定期間勤務することにより、この奨学金の返済は免除されます。詳しくは『Q&A』をご覧ください。

准看護師資格取得後、看護師へステップアップ!

「准看護師」の資格取得後、「看護師」になるためには看護専門学校に進学します。
(※准看護師を何年か経験してからでも受験は可能です。)
看護専門学校は、昼間の2年制と、定時制の3年制があります。3年制の場合は、働きながら通学することも可能です。

  • 准看護師資格
    取得
  • 看護専門学校
    入学
  • 3年後または
    4年後
  • 看護専門学校
    卒業
  • 看護師国家試験
    受験資格取得
  • 合格後
  • 看護師資格取得

Q&A

奨学金制度とはどのような制度ですか?
奨学金制度は、看護師養成機関(大学、短大、専門学校等および准看護師養成所など)に入学し、卒業後IMSグループ病院・施設に勤務することを希望する者に対して、資金的なバックアップを行い、学費や生活費などの援助をするための制度です。地域医療に貢献する優秀な看護師の育成を目的としています。
奨学金制度の内容について教えてください。
IMSグループ病院からの奨学金は、毎月月初めに5万円ずつ直接お渡しするか、指定の銀行口座にお振込みいたします。支給期間は在学期間です。3年間の貸与を受けた方は年間60万円で合計180万円となります。ご家族の方の経済的負担を軽減し、安心して学生生活を送ることが可能です。
准看護師養成所への進学の方には、学費などの実費を奨学金というかたちで支給いたします。
奨学金の返還はどのように行うのですか?
奨学金の返還は看護師および准看護師資格取得後、奨学金を受けた年数と同じ年数以上、IMSグループ病院で勤務すれば返済の必要はありません。
もし在学中および返還期間中にやめることになった場合は、残りの期間に応じ、返済していただきます。
IMSグループの奨学金制度を利用した場合のメリットは何ですか?
卒業後は希望するIMSグループの病院・施設(急性期型病院、回復期・亜急性期型病院、慢性期型病院、介護老人保健施設など、合計60施設)に勤務することができます。就職活動が必要ありませんので、その時間を国家試験対策に充てて勉強に打ち込むことができます。

先輩たちの声

実際にアイラブナースプログラムを利用して、IMSグループに入職されたみなさんのインタビューをご紹介します。みなさんの進路を決定するうえでご参考にしてください。

【Aコース利用者】大学の看護学部からIMSグループへ

手術室という病棟とは異なる特殊な環境に配属され、最初は少しの期待と大きな不安を抱えながら、右も左もわからない状態でした。しかし、プリセプターや先輩方の優しく丁寧なご指導のおかげで、今では楽しく手術室看護行っています。経験年数の長いベテラン看護師が多く、先輩方の姿を見て日々勉強をしています。病棟と比べて患者さまと関わる時間は短いですが、患者様のために今自分に何ができるかを常に考え、心のこもった看護を提供できるように取り組んでいます。先輩や同期に支えられながら、一人前の手術室看護師となるべく日々勉強中です。

【Bコース利用者】看護専門学校からIMSグループへ

私はIMSグループの奨学金制度を受けて学校を卒業し、手術室で働いています。
入職時は右も左もわからないことばかりで、日々の業務に追いつくことに精一杯でした。しかし、先輩方の優しくも厳しいご指導のおかげで手術室の一員として、一人で手術につかせていただくことが多くなりました。
手術が無事に終わった時には手術をやり遂げた達成感や、やりがいを感じています。手術室は雰囲気も良く、先輩方に相談しやすい環境です。
まだ不安や心配はたくさんありますが、辛い時こそ同期を助け合い毎日充実して仕事に取り組んでいます。

【Bコース利用者】グループ看護専門学校からIMSグループへ

私は現在、呼吸器内科病棟で働いています。呼吸器疾患のみならず、様々な内科的治療が必要な患者さまが入院しているため、多くのことを学ぶことができます。
入職当時は知識も少なく、わからないことも多い中で患者さまを受け持ちすることに不安がありました。
しかし、先輩方が親身になって相談に乗ってくださり、様々なことを丁寧に教えてくださるおかげで、少しずつできることも増え、仕事にやりがいを感じるようになってきました。
まだまだ不安も多いですが、患者さまやご家族に寄り添った看護を提供できるよう頑張っていきたいです。

【Cコース利用者】5年一貫高校からIMSグループへ

私は脳外科急性期を希望し現在の一般急性期病棟へ配属されました。入職時は自分が看護師として働いていけるのか不安に感じることも多かったのですが、プリセプターをはじめとする先輩方が熱心に指導してくださいました。
急性期病棟では患者さまの状態は良い方向へ向かうことばかりではありませんが、日々病棟で指導を受けたり、相談できる体制が整っているので、状態の変化に迅速に対応することができているのではないかと感じています。今では病棟で働くことにやりがいを感じています。
これからも看護師として知識を深め成長していきたいです。

【D1コース利用者】IMSグループで働きながら准看護師資格取得

私は、学校に入学する前から、同病院の回復期病棟にて介護職員として勤務しておりました。看護師を目指したいという考えは以前からあり、院内で奨学金のお話しをいただき学校へ進学することを決めました。奨学金を受けることで、金銭的にも不安は軽減され、看護学校への第一歩を踏み出すことができました。院内でも仕事をしながら現場を見ることもでき、また研修などへの参加もすることができ、本当に良かったと思います。
現在は卒業をし、准看護師として働きながら、先輩方のご指導のもと日々学ばせていただいております。

【D2コース利用者】准看護師から看護師へ

高校卒業後、奨学金制度を利用し学業と仕事の両立をしました。
初めは、准看護師でもいいかなと思い看護師の学校に進学することは考えていませんでした。実習を通して患者さまと関わり、もっといい看護ができたのではないかと思うことが多くあり、看護師の資格を取ることを目指しました。
今は看護師の資格を取り、混合病棟に勤務しています。日々の業務についていくことに精いっぱいでしたが、同期や先輩に相談しやすい環境があることで、頑張ることができています。
これからも笑顔を忘れずに頑張っていきたいと思います。