臨床研修募集について

基本方針
 求められる医療の実践 〜24時間、より早く安心安全な診療〜

 地域連携推進 〜地域に密着した医療の提供〜

 医療人としての質の向上 〜医療人の自覚と技術向上への教育〜
臨床研修の特色
初期研修の2年間は、まずプライマリー・ケアの全般を診療できる医師としての基盤を固めます。
その現場で、人の命の尊厳性を実経験として学び、人命を救う医師としての精神的強さを習得します。
また、病人の苦しさ、その心の哀しさを悟り、普遍的な豊かな愛情を持つ医師を育成します。
研修終了後に更に医学医療の研鑽を積むための大きなエネルギーとなる基盤を固めます。
春日部中央総合病院における臨床研修について
(1) 研修プログラムの特徴

1. 内科研修の内容を充実させる目的で、血液浄化センターの体験と高齢化社会に対応した老人内科、在宅医療の研修を行います。
2. 外科研修では人工心肺装置などを使用した手術を体験させるために心臓血管外科の研修を行い、さらに2次救命処置を完全に習得するために麻酔科研修を行います。
3. 救急隊員と行動をともにすることにより、1次救命処置の重要性を理解します。
4. 病診連携への理解を深めるため、個人診療所での現場体験をします。
5. 介護支援制度を理解するため、社会福祉施設及び介護老人保健施設を経験します。
6. 医療と地域福祉との関連について学ぶために、訪問看護ステーション及びグループホームを経験します。
7. 保健所の役割を理解するため、保健所実習を行います。
8. 2年目研修の選択期間を最大6ヶ月とし、研修医に自由選択をしてもらいます。

(2) 希望科、出身大学について

将来の希望科や出身大学は様々で学閥は一切ありません。

(3) 研修環境

オーダリングシステムの導入、当直室の完備、研修医寮の提供(一般の賃貸物件を借り上げ)など、 環境面もサポートしています。


このページのTOPへ
春日部中央総合病院
臨床研修 初期研修医・後期研修医募集