IMSの看護・介護どは「あなたにピッタリが必ずある!」

IMSグループ看護部

イム子
  • 奨学金制度
  • お問い合わせ資料請求
  • 求人情報

IMSグループ看護部TOP > 新人看護師紹介

新人看護師紹介

所属
板橋中央総合病院
循環器内科病棟

私の父親は、私の幼い頃から地域の活動に連れ出してくれていました。人との関わりの中で人が好きになり、支える仕事がしたいと思い、看護師を目指しました。
入職したばかりの頃は、不安が多く落ち込むこともありましたが、先輩方や患者さまにも支えられながら日々乗り越えています。患者さまの状態、業務の進捗状況を把握しながら優先順位を決めていくのは難しいですが、いつでも相談できる先輩方がいてくれるので心強いです。これから、根拠を持った温かい看護ができるように成長していきたいと思います。

所属
高島平中央総合病院
整形外科病棟

整形外科病棟で働くようになりもうすぐ1年になります。病棟では、手術や入退院業務に追われ、一日一日をこなすことに精いっぱいですが、忙しい中でも手術やリハビリをして元気になられて退院していく患者さまを笑顔で見送ることができるのが整形外科看護の魅力だと感じています。
私は、患者さまが入院前の生活に安心して戻ることができるように、その人に残された身体機能を活かした看護を心がけています。今後も同期と励まし合いながら、患者さまに寄り添い、個別性のある看護を提供することができるように頑張っていきたいと思います。

所属
春日部中央総合病院
内科病棟

内科・呼吸器の急性期病棟で勤務しています。入職当初は覚 えることが多く日々をこなすことで精一杯で毎日が緊張の連続で した。自分は看護師として働くことができているのか、患者さま やそのご家族に安心を与えることができているのか不安になるこ ともあります。
その中で、優しく頼れる先輩方に丁寧に指導していただき、一 人でできることがだんだんと増え、やりがいを感じることができ ました。また今の自分があるのは共に支え、励まし合う同期がい たからだと実感しています。
まだ勉強不足でわからないこともありますが、「今日は明日の 最低」をモットーに日々成長していきたいと思います。

所属
イムス太田中央総合病院
循環器内科病棟

子供の頃から看護師になりたいと思い看護師を目指してきました。入職当時は、看護師になることができて嬉しい気持ちと、自分に看護師が務まるのだろうかという不安の気持ちが入り混じっていました。 まだ未熟で日々学ぶことや反省することだらけですが、熱心に指導し、いつも気にかけてくれる病棟の先輩方、何でも相談し合える同期の存在があり、毎日笑顔で業務を行うことができています。また、患者さまの言葉や笑顔に支えられることも多く、やりがいや喜びを感じることができています。
いつでも笑顔で患者さまの気持ちに寄り添い、信頼され、責任の持てる看護師になれるよう日々努力していきたいです。

所属
横浜旭中央総合病院
整形・形成外科病棟

私は現在、整形・形成外科病棟で働いています。整形病棟を希望した理由は、実習で術後の患者さまの離床に関わったり、回復していく過程を身近でみれることにやりがいを感じたからです。
急性期ということもあり、日々入院、手術の繰り返しで多忙な毎日を過ごしています。学生の頃の知識だけではまだまだ足りないことばかりですが、先輩や同期との関りの中でやってこれています。
同期とは、仕事終わりにご飯に行ったり、くだらないことを言い合ったり、日々の中で楽しい時間があることでより頑張れています。

所属
東戸塚記念病院
整形・泌尿器科病棟

患者さまに対し、熱意をもって一生懸命働いている母の姿に憧れ、看護師を目指しました。臨床の場では、日々勉強で覚えることが多く、気持ちに余裕がないこともありますが、その分学ぶことも多いです。 大変な中でも頑張ることができるのは、先輩方や同期の支え、患者さまからの「ありがとう」という言葉があるからです。
今後も日々の学習で確実な知識、技術を身につけ、患者さまに寄り添い、『この人にケアしてもらって良かった』と思ってもらえるような看護師を目指していきたいと思います。

所属
行徳総合病院
整形外科病棟

整形外科病棟は手術や入退院などの 1日に多くのイベント事があ ります。流れが速く、忙しい病棟でもあるため、配属当初は看護 師の一員として動けるようになれるのかと焦る気持ちもありましたが、 病棟の流れや手術出しのイベント等を先輩方が一緒に行い、その 都度分かるまで教えてくださるので、今では少しずつ一人でできるこ とも増えてきました。
入院される患者さまは手術前だけでなく術後でも常に様々な不安 を抱えています。少しでも安心して入院生活が送れるよう、患者さ まと信頼関係を大切に、笑顔で自分なりに努力していきたいです。

所属
新松戸中央総合病院
脳神経外科病棟

入職した頃は、初めてのことばかりで不安と緊張でいっぱいでした。 現在は環境にも慣れ、だんだんとできることも増えてきて、入職当 初に抱えていた不安も少なくなってきました。分からないことがあれ ば、プリセプターをはじめ先輩方が親身になりアドバイスしてくださる おかげで、一人で抱え込まずに仕事をすることができています。しかし、 入院期間が短い急性期病院では、日々の業務で手いっぱいになって しまい、患者さまに満足してもらえるような看護ができていないことも 実感しています。
今後は、患者さまの期待に応えられるような看護ができるように、 看護師として成長していきたいと思います。

所属
イムス富士見総合病院
ICU

私が看護師を目指したのは、祖父が病気で入院したことがきかっけでした。現在、ICUで勤務していますが、生命の危機にある患者さまの状態変化を把握し、その変化に対応していくためには日々の自己学習や振り返りが大切だと感じています。
忙しい中でも患者さま・ご家族の声に目線を合わせて耳を傾ける先輩方を見て、少しずつ自分の目指す看護を見出すことができ、やりがいを感じることができるようになりました。
常に笑顔を忘れず、相手の気持ちを考えられる看護師になれるよう、またチームの一員として力になれるよう努力していきたいです。

所属
イムス明理会仙台総合病院
回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、患者さまとじっくり関わることができる病棟です。患者さまのより良いリハビリや退院支援のために、他職種との情報交換がとても多い病棟ですが、スタッフの方々がみんな優しく、声をかけやすいので、とても働きやすい環境だと思います。 嚥下機能が悪く経管栄養で食事をしていた患者さまが経口摂取できるようになったり、意思疎通のできない患者さまが言語的コミュニケーションが取れるようになったりと、目に見えて回復が見えるので、とてもやりがいを感じます。 今後も、笑顔と思いやりを忘れず、信頼される看護師になれるよう頑張ります。

所属
イムス札幌消化器中央総合病院
内科病棟

長年憧れであった看護師として働き始め、沢山の経験をさせていただき日々の成長を実感しています。 入職当初は、病棟業務に慣れることや目の前にいる患者さまに向き合うことで精一杯でした。しかし、自分の傾向や苦手分野を内省し、時には先輩に相談しアドバイスをいただいたうえで考え、改善していくことで少しずつ余裕を持った言動をとれるように変化していきました。 患者さまにとって、安全・安楽な看護ができるよう自己研鑽に努め続けることはもちろん、看護師間、他職種間同士での思いやりを持った人間関係を育み、連携や協働を行っていくことを大切にできる看護師を目指していきます。