イムス板橋リハビリテーション病院 看護部サイト

スタッフの声

プロフィール

看護主任 石山志乃

感染管理認定看護師
看護師歴13年 
H17年4月~イムス板橋リハビリテーション病院勤務

感染管理認定看護師は、感染管理に関する専門的知識と感染防止技術を持ち、感染管理の質の向上に努めます。主な役割として、疫学的調査に基づいた医療関連感染サーベイランスの実践・感染管理システムの構築・感染予防教育指導・感染防止対策に関連するコンサルテーションなどを行っていきます。

回復期リハビリテーション病院の特徴として、リハビリは訓練室・病棟・院外などさまざまな場所で訓練が行われ、「入院患者だけではなく外来患者にも関わる」「訓練器具・物品を共有する」「患者と密着する」「保菌者を含む感染症患者や高齢者に関わる」「院内を横断的に動く」など様々な特性があります。また、急性期での治療を終えて、比較的状態が安定した患者様が多く、症状がなければ検査は積極的に行いません。この点からも保菌や不顕性感染による感染伝播リスクは非常に高いと言えます。

感染管理は個人ではなくチームで活動することで、大きな力を発揮します。医師・臨床検査技師・薬剤師・看護師・リハビリセラピスト事務職・など多職種で構成するチームを作り、職員への感染予防教育、感染に関する相談に応じて、患者様をはじめ病院を訪れる全ての方と職員を感染症から守る環境作りに努めています。

現場ではマニュアル通りの症例ばかりではありません。現場の皆さんが日頃の業務の中で迷いや不安に感じる感染対策、患者様対応など感染に関することで困っていることがあれば一緒に対策を検討しながら、安全で適切な感染対策ができるような関わりをしています。

安心して患者様がリハビリテーションに取り組むことができるよう、職員一人一人が適切な感染対策を実践し、院内の感染対策がより確実なものになるよう日々活動しています。