IMSグループ医療法人財団明理会 明理会中央総合病院 看護部

トップページインタビューINDEX>看護部 氏原 景織子(2019年入職)

インタビュー

コミュニケーションをとりながらチームで働ける病院。

明理会中央総合病院で働こうと思ったきっかけは?

就職先を決めるときは、看護師専門の求人サイトを使いました。色んな病院の情報をみていたところ「まず愛し、そして愛される病院」という明理会中央総合病院のキャッチコピーが目に入り、興味を持ちました。
しばらくして、明理会中央総合病院に入職した専門学校時代の先輩に話を聞くと、働きやすさや一緒に働く人の良さ、そして病院がある東十条の住みやすさを教えてもらい、インターンシップに参加することに。
実際にインターンシップを受けてみると、先輩が話していたとおりの立地のよさはもちろん、病棟の看護師やドクターのコミュニケーションがいいところが安心できました。やっぱり質のいい医療を行うためには、スタッフ間のコミュニケーションって大事だと思うんです。インターンシップで「私もこのチームの一員になりたい!」と思い、明理会中央総合病院を選びました。

教育体制についてはどのように感じていますか?

教育体制はすごく充実しています。基本的には、病院の体制として「プリセプター制度」が整っていますが、それだけでなく病棟で一緒に働く先輩方みなさんが丁寧に教えてくれます。技術に関しては、細かく研修も行われますので、安心して仕事にいかせているのではないでしょうか。
先輩たちはできているところ、気をつけないといけないところを的確に言葉にしてくれるので、「自分の成長を理解してくれているところ」も安心感があります。
今後は、先輩たちにも患者さんにも信頼される看護師になっていきたいですね。そのためにもしっかりと技術を学び、コミュニケーションのとれる人になっていきたいです。

寮での暮らしはいかがでしょうか?

私の寮は病院から1キロくらい離れたところにあります。新築2階以上でオートロック式なので、広島の両親も安心して送り出してくれました。寮には、私と同じく一人暮らしを始める同期も住んでいるので、「スーパーはどこがいい」だとか、「家具はこのお店で揃えた」など、生活の情報共有ができて楽しいです。同期で仲が良いので、休みの日は予定を合わせて遊びに行ったり、集まって食事をしたりすることも頻繁にありますよ。
実際に東十条に来てみると、入職前に聞いていた住みやすさは実感できています。都内といっても、そこまで都会ではなく、商店街も賑わっていますし下町の温かさがあって、私は気に入っています。

学生に向けて一言。

月並みかもしれませんが、患者さんから「ありがとう」と言ってもらえたり、名前で呼んでもらえたりと、人の温かさを直接感じることができる仕事です。まずはインターンシップに参加して、職場の雰囲気を感じ取ってみてください。そこで、もし「いいな」と思ったら一緒に働きましょう! みなさんと会えるのを楽しみに待っています。

患者さんから「ありがとう」と言ってもらえたり、名前で呼んでもらえたりと、人の温かさを直接感じることができる仕事です