IMSグループ医療法人財団明理会 明理会中央総合病院 看護部

トップページインタビューINDEX>プリセプター&プリセプティ座談会

インタビュー

プリセプター&プリセプティ座談会 がんばる新人看護師を一番近くで応援しています

明理会中央総合病院には「プリセプター制度」と呼ばれる教育制度があります。
これは、プリセプター(先輩看護師)がプリセプティ(新人看護師)を
マンツーマンで教育・指導する制度のこと。
1年間かけてじっくり、ゆっくり、
看護師としての業務や心構えなどを教えていきます。

まず、プリセプティ(新人看護師)に質問です。プリセプター制度について、「あってよかった!」と感じることを教えてください。

私、すっごい人見知りなんです。同い年の友だちとは普通に話せても、年上の人と話すときは緊張してしまうんですよね。でも、入職してしまえば「緊張して話せない」なんて言ってられません。そんな時に、プリセプター制度があるといつでも話せる“お姉さん”のような存在の人ができるので安心です。先輩から話しかけてもらえますし、先輩がパイプ役になってくれて他の先輩方ともお話できるようになりました。

そんな風に感じてもらっていてうれしいです。私自身、プリセプターを経験するのは2回目なんですよ。1回目のときは「何でもわからないことがあったら声かけてきてね」というスタンスだったんですが、自分が1年目のときを思い出すと「声かけられないこともあったよな…」と。だから、今年は積極的に声をかけるようにしていました。やっぱり周りから声かけてもらうとうれしいよね!

入職して半年。プリセプターとの関わりのなかで、一番印象に残っていることはどんなことですか?

実は、技術で失敗してしまったことがありました。他の先輩についてもらっていた時だったので、ミスの指摘や今後の対策などはその先輩から教えてもらっていたのですが、当然プリセプティに報告もしなくてはなりません。ミスしてしまったことを話すと、肩をポンと叩きながら「ガンバレ!」ってただ一言。プリセプティからも注意を受けるのかと思っていたのですが、逆に励ましてくれたことに救われました。

あのときは、もう顔を見て反省していることがわかったから。

気持ちが落ち着いてからミスの振り返りはしてもらいましたが、一番凹んでいるときに励ましてくれて、本当にほっとしました。

プリセプター制度があるおかげで、プライベートでもプラスになったことってありますか?

入職したての頃に、「よく眠れてる?」とか「食事はとれてる?」とか健康面にも気遣ってもらえているのは嬉しかったですね。 私は一人暮らしをしていますが、実家がすぐ近くということもあって、頼れる人がいない寂しさはそれほど感じなかったんです。でも、実家が遠くにある人はこういう温かい声かけに救われることもあると思いますね。

入職したての頃って、なかなか体調が悪いこととか、ネガティブなことは言い出せないと思うの。Kさんははっきり言ってくれるタイプだったから心配がなかったけれど、意識して声かけしていましたね。
プリセプターとの関係って友だちとも家族とも違って、「仕事の自分」と「プライベートの自分」を理解する存在だと思っています。私の体験談になりますが、私はプリセプターをしてくれた先輩といっしょに食事へいったりする仲になりました。意見の食い違いがあって衝突したこともあったけれど、今となればいい思い出です(笑)。だから、私がそうしてもらったようにプリセプティの後輩とは仕事だけじゃなくて、仕事を超えた付き合いができたらいいなって思っています。

明理会中央総合病院の居心地はいかがですか?

本音を話すと、私、入職するまでは「看護師って怖い人が多そう…」って思っていたんです。でもそれは単なる先入観でした。新人たちに「はやく一人前になって欲しい!」という気持ちがあって、「○○してください」とたくさんの機会を与えてくれるところがありがたいですね。病棟の先輩たちみんなが、見守りながら育ててくれている優しさが伝わってきますから。

人間関係がいいことは、仕事をするうえで一番ですよね。私はこの病院しか知らないのですが、Kさんが話すように、みんな思いやりがあって、長く働いている私にとっても居心地のいい場所です。
それにみんなが明理会のことが好きで「よくしていこう!」って思っています。だから、プリセプター制度を例にとると、月に1回は必ずプリセプター同士の定例ミーティングがあって、新人たちの成長を共有することもしっかりとしているんですよ。
先輩たちみんながKさんの成長を知っているから、安心して業務に取り組んでね。

今後の目標と、それぞれにメッセージをお願いいたします!

今は何をするにしても先輩に頼っているので、はやく逆に「頼られる」くらいの看護師になりたいです。一人前になりたい!
Hさん、いつもありがとうございます。看護師はもちろんですが、人としてもすごく尊敬している先輩です。これから背中を追ってがんばりますね!

やだ、改めて「ありがとう」をいわれると、私もうれしくて泣きそうです(笑)。Kさんがいつもがんばっている姿は、私も、他の先輩もよく見ています。それに、患者さんにもすごく優しく接しているのを知っているので、もう素敵な看護師さんだと思っています。だからこれからもがんばって! 私もしっかりとバックアップするからね。
プリセプティに負けないように、私も初心を忘れずに成長していきます。