IMSグループ医療法人財団明理会 明理会中央総合病院 看護部

トップページインタビューINDEX>看護部 石崎 愛美(2019年入職)

インタビュー

看護の魅力を知り、私を成長させてくれる場所。

明理会中央総合病院で働こうと思ったきっかけは?

明理会中央総合病院のことを知ったのは、高校生の頃でした。当時、高校生向けのインターンシップがあって参加したのがきっかけです。そのときにはじめて看護の仕事に興味を持ち、高卒で「看護助手」として就職しました。
正直、高校生の私には看護の仕事がどのようなものなのか具体的なイメージはなかったと思います。看護助手として、患者さんたちの身の周りのお世話をさせてもらうなかで少しずつ看護のことが好きになり、「もっと専門的に学びたい!」という気持ちが強くなって看護学校に進みました。
看護学校時代のアルバイト先もずっと明理会です。私にとってこの病院は、私を成長させてくれる場所。看護師になったときの就職先も、この病院以外は考えていませんでした。

仕事のやりがいはどのようなときに感じますか?

患者さんとコミュニケーショを取るときですね。入院している患者さんは、精神的にも負担がかかり、ご家族も不安を抱えています。そういった状況を思いやり、患者さんと笑顔でお話できたときが楽しい瞬間です。1年目の私ですが、ときどき「あなたが担当でよかった」と言ってもらえる時があるんです。そんなときに、「明理会で看護の仕事を選んでよかった」と心から思います。
患者さんはだいぶ年上のことがほとんどですので、コミュニケーションの取り方や言葉遣いに悩むこともありましたが、怖がらずに積極的にコミュニケーションが取れると楽しいですし、仕事のなかでも「明日もがんばろう!」と思える瞬間です。

職場の雰囲気はいかがですか?

とにかく「優しい雰囲気」が病院全体にあります。職場の人たちに対しても、患者さんに対しても、親しみやすさがありますね。
職場の人たちに対しての「話しかけやすい雰囲気」は仕事の面でも一役買っています。まだまだ新人ですので、一人で決められないこともたくさん。点滴は、患者さんのところに運ばれるまでにトリプルチェックをしています。このように医療に関わる仕事は先輩の確認を取ることがすごく大切なので、どんなに忙しいときでも話しかけやすい雰囲気があることに支えられています。一人前になるまでにはもう少し時間がかかりますが、丁寧に仕事を教えてくださることに感謝して、確実に成長していきたいです。

学生に向けて一言。

職員は、北海道から沖縄まで、地方から来ている人も多いので、色んな出身地の方と出会えることも楽しいですよ! 私が明理会中央総合病院を知ったように、まずは見学やインターンシップに参加して、実際に雰囲気のよさを感じてみてください。

まずは見学やインターンシップに参加して、実際に雰囲気のよさを感じてみてください。